前回の記事にて、α7Ⅲを購入するにあたってのおすすめのズームレンズと、私の購入したズームレンズをご紹介しました。

α7Ⅲにおすすめの標準ズームレンズ3選!

使い勝手を考えた場合はズームレンズでの運用がおすすめでが、一眼レフならではの魅力を楽しむなら単焦点レンズがおすすめです。

単焦点レンズはズームができない分、構造がシンプルでズームレンズより安い傾向があるため入手しやすいという点も魅力と言えるかもしれません!

ここではポートレート撮影に向けに、代表的な下記の画角の単焦点レンズをご紹介していきます。

  • 広角レンズ:30mm前後
  • 標準レンズ:50mm
  • 望遠レンズ:85mm

同じ画角のレンズでもシリーズごとに複数ある場合がありますので、ソニー純正レンズのシリーズからご紹介しています。

ソニー純正レンズのシリーズ紹介

ソニーのレンズは上記の3シリーズに加え、無印のシリーズを合わせて4シリーズがラインアップされています。

  • G Masterレンズ:フラッグシップレンズのシリーズで最も高価!、1本20万円前後するレンズもざらにあります。
  • G レンズ:ソニー製レンズのハイグレードレンズ
  • ZEISS Lens:カールツァイスの光学技術を使って作られたレンズ

上に行く程、高性能ですが価格も高くなる傾向があります。

今回の記事では、同じ焦点距離のシリーズ違いについても感想(あくまで主観)をご紹介していきます!

広角のおすすめ単焦点レンズ

ソニーの純正レンズは、どれも10万円~20万円前後のものが多く手頃な価格帯で撰ぶのであればSEL35F18Fがおすすめです。

コストパフォマンスに優れるサードパーティ製レンズもご紹介していきます。

シグマ製の広角のおすすめ単焦点レンズ

シグマ製の単焦点レンズも豊富な種類から選べるのが魅力です。

しかも、ソニー純正レンズに比べると価格もおさえられている点も大きな魅力です。

例えば下記のレンズは販売価格が倍近く違います。

SEL35F14Z:185,000円前後

35mm F1.4 DG HSM:85,000円前後

現在の実売価格は下記の通りです。

35mm F1.4 DG HSM SONY-Eマウント用 ミラーレス用

35mm F1.4 DG HSM SONY-Eマウント用 ミラーレス用

78,660円(10/28 13:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

写真の画質はスペックだけで決まるわけではなりますが、同じF値でありながら価格は10万円前後の差額があります。

また、2019年7月にはシグマより更にF値が小さいレンズも登場しています。

こちらもソニー純正レンズと比較して、5万円前後安い販売価格になっています。

TAMRON製の広角のおすすめ単焦点レンズ

TAMRON製の単焦点レンズは、F値が2.8のものばかりがラインナップされています。

α7Ⅲのおすすめズームレンズでご紹介したのが、28-75のレンズはF値が2.8通しです。

つまり、28-75 F2.8のズームレンズを購入した場合、TAMRON製の単焦点レンズを購入する意味は無いかもしれません。

唯一のおすすめポイントは価格です。

ソニー純正の単焦点レンズやシグマの単焦点レンズと比べれば、F値が高い分価格が安くおさえられている点が魅力です。

しかし、28-75 F2.8のレンズを使っている場合、レンズを交換する意味があまりないかもしれません(笑)

標準域のおすすめ単焦点レンズ

ソニーの販売する標準域(50mm)のレンズは上記の3本になります!

この中で、SEL50F14Zとは違うのですが50mmF1.4と、SEL50F18Fの比較した動画を見つけましたので掲載しておきます。

この比較動画を見た上で、自分はSEL50F18Fで十分かなと思いました。

単焦点レンズととして初めて購入するレンズとしては十分ではないでしょうか?

シグマ製の標準域のおすすめ単焦点レンズ

シグマ社の標準域のレンズは、50mm F1.4 DG HSMの一つです。

ソニー純正のSEL50F14Zと比べると、約半額近い価格で販売されています。

コストパフォマンスを考えるとおすすめの1本です。

ちなみに、TAMRON製で50mmのレンズは発売されていないので、シグマのみが選択肢になります。

望遠域のおすすめ単焦点レンズ

望遠側の単焦点レンズを撰ぶ場合は、85mmや135mmがおすすめですが手頃感も含めるとSEL85F18がおすすめです。

最初にズームレンズで自分がよく使う画角を確認してから、望遠側の単焦点レンズを選んでもいいかと思います。

シグマ製の広角域のおすすめ単焦点レンズ

SIGMAでは70mm~135mmまで幅広くレンズラインナップがあります。

ソニーのSEL85F18と似た性能のレンズである85mm F1.4 DG HSM Artの価格が以下の通りです。

販売価格は約10万円代ですが、F値が1.8という明るさを考えればコストパフォーマンスに優れた1本になっています。

α7Ⅲにおすすめのレンズ単焦点まとめ

単焦点レンズは、被写体により撰ぶ画角もまったく変わってきます。

もし、最初に撰ぶ1本としては30mmや50mmあたりが良いかもしれません!

ポートレートはもちろん、風景スナップを撮る際も使えるレンズで汎用性があります!

ぜひ、ご自身にあったレンズを見つけて頂ければと思います。