ソニー α6400 レンズキット開封レビュー!触ってわかった3つの魅力と3つの注意点!

α6400を購入しました!

当初は、α6300でも十分だと思っていたのですが・・・
キャッシュバックキャンペーンを考えると、α6400とα6300の価格差はそれほど大きくない事に気づいてα6400にしました!

実際に触って感じた魅力と他メーカーからソニーに乗り換える場合の注意点を中心にお伝えしておきます!

ソニーα6400 レンズキット開封レビュー!キャッシュバック期間中が得!

先ほども書いた通り、当初の予定ではα6300を購入予定でした!

なぜなら、α6300の標準レンズキットの価格が75,039円だったため、かなりお買い得感があると判断したためです!
逆に、α6400の価格は116,523円です。


【2019年3月14月現在の価格】

現在の価格はこちらから


【2019年3月14月現在の価格】

現在の価格はこちらから

その価格差は、

41,484円

です。

α6400はα6300の後継モデルと言われているので、α6300が廃版になった場合手に入らなくなるので、コストパフォーマンスより価格を重視される方であれば、今のうちにα6300を入手した方が良いかもしれません!

正直この価格差を考えると、断然α6300の方がお買い得に感じました!
しかし、ソニーのサイトに行くとキャッシュバックキャンペーンが開催されており、この差額が大幅に縮まる事がわかったんです!

参考URL:https://www.sony.jp/camera/campaign/cb19family_spring/?s_pid=jp_/camera/campaign/cb19family_spring/_jp_top_camjrny_ichjrny

自分が購入しようとしていた、標準ズームキットの場合だと15,000円のキャッシュバックが受けられるため、実質の差額は26,484円になります!
約3万円の差額であれば、α6300から様々な点でスペックアップしたα6400の方が良いと判断したわけです。

α6400の開封レビュー&3つの驚いた点!

α6400を箱から出した写真!
同梱のレンズは最初から装着された状態で箱に入っていました。

α6400の同梱物

同梱物は、

  • リチャージブルバッテリーパック(NP-FW50)
  • マイクロUSBケーブル
  • ACアダプター
  • ショルダーストラップ
  • アイピースカップ(装着済み・開封時は未装着)
  • シューキャプ(装着済み)
  • スタートガイド
  • 保証書

になります。

α6400を開封して驚いた事が3つあります!

  1. 説明書が入ってない!
  2. キットのレンズの後ろのキャップとボディ側のキャップがない!
  3. 充電器がない!
    ↑これは事前に知っていましたし、魅力でもあると思っています。

しかし、説明書がない点レンズキャップ&ボディキャップがない点は驚きました!

α6300と比較するまでもなく、α6400単体で見た場合であっても十分コストパーフォーマンスに優れたカメラだと思ったのですが・・・
やはり、いろいろな所でコストカットされているものですね!

α6400の5つの魅力

α6300を実際に購入して、まだ数日した使っていませんが特に魅力に感じたのはこの5つです!

  1. 軽量・コンパクト
  2. オートフォーカスの速度
  3. 動物の瞳AF対応予定
  4. 豊富な社外レンズ
  5. USBバッテリーでも充電出来る!

それぞれについて、後日詳しくまとめていきます!