カメラ女子必見! カメラリュック選びのポイント

最近カメラが女子からも支持を集めています。

中にはコンデジでは満足できず、
ミラーレスどころか一眼レフを持ち歩くカメラ女子もいます。

そんな愛機と共にアウトドアを満喫するために
必須のアイテムが、カメラリュックです。

女子必見! カメラリュック選びのポイント

カメラリュックを選ぶ際のポイントは、
3つあります。

その3つは、

  • デザイン
  • 機能性
  • 重さと動きやす

です。

今回はこの3つに絞って紹介します。

ポイント1 デザイン

まず気になるのはデザインでしょう。

大事なカメラを入れて持ち歩くのですから、
どうせならおしゃれな方がいいに決まっています。

最近は女性に向けたファッショナブルな物ありますし、
街の中で使う分には機能性や動きやすさなどに、
そこまでこだわる必要はありません。見た目から入るのもありです。

ポイント2 機能性

アウトドアでは不意な雨に見舞われることや、
ちょっとしたアクシデントでカメラリュックに衝撃を与えてしまうことがあります。

そういった状況に備え、防水・撥水性や耐久性を確認しておく必要があります。

バードウオッチングやキャンプなど、
長時間野外で活動する際に重視されます。

また、シャッターチャンスを逃さないために、
カメラを出しやすいのも重要なポイントです。

ポイント3 動きやすさ

山歩きなど長時間背負って歩くとなると機動性も重要になります。

カメラリュックが大きすぎたり重すぎたりして、
動きづらくなると余計な体力を使い疲れるのが早まり、
シャッターチャンスを逃しかねません。

それに山道などで無理をしては危険です。

安全にカメラライフを楽しむためにも動きやすさも大切なポイントです。

全ての条件がそろっているカメラリュックが理想的ですが、
機能性を重視したためにデザイン性が損なわれたり、
動きやすさを重視したために機能性が下がることもあり得ます。

自分がどんな条件下でカメラリュックを使うのかを明確にし、
一番合う物を選びましょう。

用途別!カメラ女子におすすめのバック6選

それではデザイン、機能性、動きやすさ別におすすめのカメラリュックを紹介します。

デザインで選ぶならこの2つ!

デザインで選ぶのにおすすめなのは、

  • ミーナ カメラバッグ リュック
  • MOUTH カメラリュック

の2つです。

ミーナ カメラバッグ リュック

『ミーナ』はカメラ女子向けグッズ専門店で、
そこから発売されているカメラリュックです。

特長は、軽量2wayで背負うことも手提げとして持つ事もでき、
街中でも恥ずかしくないおしゃれなデザインです。

もう1つの見えないポイントは、
インナーケースが付属しており、
リュックの中身を整理しやすいです。

このリュックはポケットが多く付いており、
カメラ本体や付属品だけではなく、
スマホやタブレット、小物など必要な物をまとめて収納して持ち歩けます。

さらに撥水加工がされているので急な雨からもリュックの中身を守る事が可能です。

サイズ外寸 本体:26cm×41cm×14cm
サイズ内寸
重量 本体:420g インナーケース:250g
ショルダーベルト 約43~66cm(調節可能)
素材 表地:ポリエステル 裏地:ナイロン
撥水加工
価格(税込) ¥12,800(楽天市場 2019/04/28現在)

MOUTH カメラリュック

MOUTH マウス カメラリュック Tackle Ruck MJB16055 (KON)

MOUTH マウス カメラリュック Tackle Ruck MJB16055 (KON)

16,280円(11/21 11:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

MOUTH はカメラバッグを専門に扱うブランドで、
「ありそうでないモノ」をテーマにカメラバッグを始めアクセサリーなども開発しています。

このカメラリュックは、
「昭和の時代にありそうな道具鞄からイメージしたレトロなスタイル」と、
「理想の機能を持ったカメラリュック」という2つのコンセプトから作られてた
「デリシャスタックルリュック」です。

カメラリュックとは思えないデザインで、
街中でも違和感なく使用できます。

また別売りのインナーケースを使用すれば、
リュック内部の底にあるマジックテープでカメラを固定可能です。

カラーバリエーションは、

  • AKA
  • GRAY
  • KON
  • LBROWN
  • SUMI

の5つがあります。

サイズ外寸 約28cm×37cm×11.5cm
サイズ内寸
重量 本体:860g
ショルダーベルト
素材 表地:国産8号帆布 裏地:ESターポリン
撥水加工
価格(税込) ¥15,984(Amazon 2019/04/28現在)

機能性で選ぶならこの2つ

機能性で選ぶならこの2つのカメラリックがおすすめです!

  • K&F Concept
  • エレコム  off toco ハイグレード

詳細は下記の通りです。

カメラリュック K&F Concept

リュックの左側面に三脚収納ホルダが付いている本格的なカメラリュック。

裏面と右側面の2ヵ所にカメラを取り出すためのファスナーがあり、
状況により使い分けカメラの出し入れがしやすくなっています。

内部は2層に分かれおり、カメラは下部に収納です。

レインカバーが付属しており、
持ち歩けば急な雨にも対応。

ショルダーハーネスは幅が広く厚みもあるので、
両肩の重量を均等に分散し持ち運びしやすく、
アウトドアをするためのカメラリュックと言えます。

このカメラリックについては、
レビュー記事も掲載しています!

K&F Conceptのカメラバッグレビュー!

サイズ外寸 約28cm×37cm×11.5cm
サイズ内寸
重量 約960g
ショルダーベルト
素材
撥水加工 ○(レインカバー付き)
価格(税込) ¥8,600(Amazon 2019/04/28現在)

エレコム カメラバッグ バックパック off toco ハイグレード Lサイズ

エレコムカメラバッグoff tocoシリーズの上位モデルで、
1ランク上の機能があります。

リュック両サイドにはハンドル式のダブルファスナーがあり、
リュックを降ろさずに素速くカメラの出し入れ可能です。

容量も大きく、底面部の素材に耐久性の高いハイパロンゴムを、
背面部にEVA製のクッション材を使用。

ショルダーベルト部分に、
バッグの背負う位置を上げることができるロードリフトストラップを装備し、
より体にフィットし荷重が分散され、疲労感を軽減してくれます。

他にも盗難防止フックや着脱式ポーチ、
レインカバーなど様々な機能を備えている、
まさにハイグレードなカメラリュックです。

サイズ外寸 約31.5cm×19cm×47cm(ハンドル・ショルダーベルトを含まず)
サイズ内寸 本体:約30cm×10cm×45cm(BOX 取り外し時) 上部:約30cm×10cm×24.5cm 下部:約27cm×11cm×19cm(BOX 装着時)
重量 約1750g BOX 取り外し時/約1480g
ショルダーベルト
素材 表面:ポリエステル 底面:ハイパロンゴム 裏面:ポリエステル
撥水加工 ○(レインカバー付き)
価格(税込) ¥8,874 (Amazon 2019/04/28現在)

動きやすさを重視するならこのリック

動きやすさを重視するならこのカメラリックがおすすすめです。

  • ブルックリンファクトリー カメラバッグ リュック
  • エレコム カメラ収納 バックパック off toco 2STYLE Sサイズ

詳細は下記の通りです。

ブルックリンファクトリー カメラバッグ リュック

ブルックリンファクトリーが

「もっとかっこいい、もとかわいいカメラバッグがほしい」

という声に応えて商品かしたカメラリックです。

スマートなシルエットで街中でも違和感がありません。

カラーもブラックとネイビーがあり、
ブラックは色々なコーデに合わせやすく、
ネイビーは爽やかな印象を与えてくれます。

内部は上下に分かれており、
下段には自由に移動できる仕切りがありカメラを収納、
上段には着替えやスマホなどを入れることができます。

以前の物より300g軽量化されており、
さらに持ち運びが楽になりました。

サイズ外寸 50cm×30cm×16cm
サイズ内寸 上部:29.5cm×28cm×14cm 下部:20cm×30cm×14cm
重量 約797g
ショルダーベルト 45cm~80cm(調節可能)
素材 表地:布撥水加工
撥水加工
価格(税込) ¥6,980(Amazon 2019/04/28現在)

エレコム カメラ収納 バックパック off toco 2STYLE Sサイズ

内部はファスナーで2層に仕切られており、
下層部には脱着式インナーケースを取付可能。

リュック両サイドには、
カメラを出し入れできるファスナーと静かに開閉できるマグネットがあります。

インナーケースにカメラを入れておけば、
素速く簡単にカメラやレンズを出し入れ可能です。

また、旅行に便利なキャリーベルトが背面に付いており、
キャリーバッグのキャリバーに固定して運べます。

さらにカラーバリエーションが、

  • ライグレー
  • グレー
  • ネイビー
  • ブラック

の4色があります。

特にライトグレーは内部がピンクでポップなデザインです。

サイズ外寸 24cm×12.5cm×30.5cm
サイズ内寸 ケース取り外し時:21.5cm×10cm×29cm 上部:28.5cm×12cm×21.cm 下部(ケース装着時):20cm×8.5cm×13cm
重量 約660g
ショルダーベルト
素材 表面:ポリエステル 裏面:ポリエステル撥水加工
撥水加工
価格(税込) ¥6,306(Amazon 2019/04/28現在)

カメラ女子向けのバックまとめ

カメラリュックを買うときのポイントと、
ポイントごとのおすすめのリュックを紹介してきましたが、
自分に合った物は見つかったでしょうか?

カメラリュックと一口で言っても、
使用目的で大分変わってきます。

一眼レフカメラ自体が結構重いので、
背負うこと自体にメリットがあり、
街中で使うならおしゃれなリュックが断然いいでしょう。

本格的に三脚や望遠レンズなどをもって撮影に行くなら、
機能性を重視しなければなりません。

また、同じアウトドアでもトレッキングや
ハイキングのついでに写真を撮りたいなら、
余り邪魔になる物では困ります。

このように使用目的により変わるので、
自分が一番何をやりたいかを明確にすることがまずは大切です。

何をしたいのか目的がハッキリしたら、
おのずとあなたのスタイルにあったカメラリュックが見つかると思います。